イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

富山市と東京視察・研修の写真報告

2010-04-28-Wed-23:58
今日夕方、風の強い函館に無事飛行機が到着でき、東京から戻りました。

25日羽田空港で乗り換の階段を下りるとき、前面にこの写真が
toyamashi.jpg富山市のHPより クリックすると拡大されます)
圧倒され、「どこの街?」と思いながら、富山市に到着。
なんと、その風景が眼前に!
3日間うっとりとアルプスを眺めました。
次回は、私的にのんびりと山歩きしてみたい~。

富山視察の目的は3件。
1.コンパクトなまちづくりと総合的な交通施策の戦略的取り組み
2.富山型共生デイサービス
3.自転車市民共同利用システム

そして、「函館野外劇」の宣伝!
ポスターとパンフレットを各所で渡しました。
富山市、岩国市、千代田区には掲示されます。
お住まいになってる公共施設等でポスター掲示してくださる方は、
ご連絡いただけませんか。

前富山市議の志麻愛子さん、元大山町議で町長選にも挑戦した野入美津江さんが、
富山型共生デイサービスの家を運営しています。
お二人とは7年前からのお知り合い、
信念をもって夢を追い続ける素敵な女性たちです。
お二人の活動を紹介したいと思い、
急きょ、岩国市議の姫野敦子さんを視察に誘いました。

25日夜は、野入さんと懇談、
「おらとこ」立ち上げの経緯や運営理念など伺いました。
「畳の上で最期を向かえたい人を支えたいと」と、
3年前に看護学校に入学、
昨年みごとに准看護師学科を皆勤賞で卒業したそうです。
事業経営者としても大変な時期だったでしょうから、
そのバイタリティには頭がさがります。
人へのあたたかい眼差しも野入さんの魅力です。

2010年富山・東京 003 LRTネットワーク   
2010年富山・東京 050セントラム
26日朝早くからLRT最終駅の岩瀬浜駅まで行ってきました。
カナル会館を見て東岩瀬駅まで歩く。
志麻愛子さんがこの駅の保存に尽力した思いをかみしめながら撮影。

駆け足で富山駅へ戻って、今度は富山地鉄の昔懐かし列車に揺られて
「おらとこ」のある上滝へ。

目的2.富山型共生デイサービスを見学。
2010年富山・東京 009「おらとこ」
野入みつえさんは7年前町長選に挑戦し、惜しくも破れたけれど、
公約の一つだった誰もがのんびり過ごせるデイサービスを実現すると決めた。
ぬくもりのある家になっていて感動した。
「おらとこ東」「このゆびと~まれ」「にぎやか」と4軒も
パートナーが案内してくださった。

2010年富山・東京 020にぎやか」幼児とおじいちゃん、車椅子の子どもが仲良く

志麻さんが向かえに来てくださって「なごなるの家」へ。
2010年富山・東京 024「なごなるの家」
オープンしてまだ2ヶ月、
昨年市議を3期で辞めた志麻愛子さんが長年の夢を形にした。
おめでとう、志麻さん。
無所属議員として闘う志麻さんとは、同じ立場から何かと情報交換してきました。
今回も午後ゆっくりとデイサービスの様子を見せていただき、
利用者さんやスタッフのかたとお話ししできました。
この家は環境に配慮した設計で、富山産の杉の香りとぬくもり、
ペレットストーブやエコキュートの導入、
将来的には太陽光発電も可能となっている。
また、段ボール箱での生ごみ堆肥作りも実践し自家菜園に投入予定。

夜はDV相談をしている「グループ名綱」の皆さんと懇談、宿泊。
翌朝、仕事スタートの様子なども見ることができた。

27日は、市役所で3件を詳しい資料と映像で説明していただき、
函館にどのように生かせるかという観点で質問しました。
市民共用自転車に関しては、
広告効果の高い函館での実施は可能性があるとのアドバイスもいただきました。
2010年富山・東京 036 2010年富山・東京 025
議会事務局を辞して市庁舎のタワーを見学。
晴れていたら絶景と想像の世界にひたる。
雨の中、目的3.自転車市民共同利用システムを独自に現地調査
2010年富山・東京 041バイクシェアリング「アヴィレ」
パリのヴェリブと同じシステムを導入していてる。
以前に、函館市議会で私も提案したのだけれど・・・。
環境都市として国から補助をうけるという方策があったのですね。

午後東京へ、夜はノルウエー大使館で、
三井マリ子さん出版記念講演会に参加。
ノルウエーを変えた髭のノラ』(明石書店)
ノルウエー大使館参事はお祝いご挨拶の中で、
「ノルウエーの国を広めるうえで、ジェンダー平等はトップにある」と語っていました。
2010年富山・東京 055

28日は自殺対策支援センター「ライフリンク」を訪問。
前日大使館で会った、千代田区議の小枝すみ子さんをまたまた急きょ誘って。
副代表の根岸さんが沢山の資料を準備して説明してくださいました。
市民活動支援のための緊急対策費の活用方法や
今後の施策展開などの意見交換もできて、目的達成。
私が三月にブログで提案していた萌葱色のリボンは、
すでに仙台のNPOが二年前に創っていたそうで、
同じ思いだったことに驚きました。
2010年富山・東京 058自殺対策リボンバッジ
自殺をなくしたいという思いのシンボルで、
萌葱色には「信頼の芽生え」「人と人とのつながりの広がり」「生きる力の回復」、
縁取りのゴールドには「プライドの回復」の願いが込められている。

と、貴重な情報収集、多くの出会いと、充実した視察となりました。
親切に受け入れてくださった皆様、有り難うございました。
パワーアップされ、溜まっていた仕事を一気に片づけられそうです。
HOME