イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

市民の宝を眠らせないで

2007-09-27-Thu-00:29
五稜郭の中にある博物館分館が廃止後、
貴重な資料はどこに行くのか?
心配する声が大きくなっています。

25日総務常任委員会で市教委から、
現在所蔵800点中展示されてるのは、430m2に約400点。
廃止後は、本館3階200m2、兵糧庫と奉行所約250m2に
展示予定と説明ありました。

函館市博物館は世界的にも価値ある膨大な資料を保存しています。
資料に命を与えて発信する役割の
博物館の整備の方が、奉行所復元より先ではないかと
私は思います。

厳しい財政状況では、函病跡地に博物館構想は
当分お預けとなりそうです。

ヨーロッパやアメリカをてくてく歩き回った頃
街にたどりつくと、かならず博物館と美術館を訪ねたものでした。
その街の命を感じることができます。

青少年科学館もない函館。
子どもたちのためにも、世界中からの研究者や観光客のためにも
総合博物館を。
HOME