イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

ハイチのマザーテレサ~83才日本女性医師

2010-05-24-Mon-23:58
今夜のNHK「クローズアップ現代」で、
ハイチで30年以上医療支援を続けてきた、
83才の日本女性医師須藤昭子さんが紹介された。
医師で修道女である須藤さんは、
49才の時にハイチに渡り、
国民の80%は劣悪な貧困状態に置かれている、
西半球で最も貧しいと言われている国で、
結核の治療にあたってきた。
患者のほとんどが環境破壊から仕事を失った農民だった。
須藤さんはハイチの人々が自らの手で自立できるよう
農学校建設プロジェクトも手がけている。

大地震に襲われたハイチは想像を絶する被災実態だ。
病院の水供給が止まると知り、
猛暑の中一日中、ユニセフや支援NGOへ交渉に歩く須藤さん。
マザーテレサの姿そのものだった。

国谷裕子キャスターが尋ねる。
「お辞めになるとは考えないのですか」
須藤さんは答えた。
「仕事は定年があります。
でも私のしてることは生き方です。
生き方に引退はありません。」


HOME