イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

じろじろ大学フォレヴァー

2007-10-04-Thu-09:15
また少しご無沙汰してしまいました。
哀しみや憤りや無力感に、肋骨の痛みが重なり
ブログを開くまでの気持ちが・・・

1日、市議会定例会本会議は1時間40分も遅れて開会した。
詳しくは後日

金田誠一議員が引退というニュース
金田さんと出会ったのは、15年前パリだった。
グロード神父さん研修団の一員で、
パリの高齢者福祉政策を熱心に視察なさっていた。
真っ直ぐであたたかい人
国会に私たち市民の声を確実に届けてくれる
まだまだ活躍してほしかった。
市民サイドで応援できないだろうか

「じろじろ大学」の最終回に駆けつけることができなかった。
14年間続いた市民の番組が無くなるのは
函館にとって大きな損失だ。
復興に向けて何ができるだろうか。

昨夜、「ふくろうの家」事務局会議では、
突然、事務局長を引き受けてくださってる森山先生が
「3月で函館を離れます」
金沢大学へ移られるというのです。
会議が終わってもぼうぜんとしていたら、
藤田代表が「75歳をけじめとしたい」とおっしゃる。
残っていたホーム長はじめ私たち3人は言葉もない。
ホームのために古い家を借りたばかりの夏、
毎日プランターの花に水やりに通った。
藤田代表も毎日、雑草をつみながらご近所の方々に声をかけていた。
おかげで、ふくろうの家が始まった秋には
地域の方の理解もえられた。
3年間のさまざまなできごとがめぐってくる。
家に戻ると
紀伊半島を旅した方から、みかんのおみやげが届いていた。
甘酸っぱさが、心の底までしみこむ
ありがとう

セ ラ ヴィ
それでも 一歩でも 前に進もう
相談もたくさんいただいてる
週末の連続講座の準備で走り回っている

じろじろ人生へ いってきま~す

議会報告は、今夜にします
HOME