イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

暮らしと政治をつなぐ「たんぽぽ通信」№96

2010-09-09-Thu-14:50
「たんぽぽ通信№96」宅配便・FAX便・メール便をお届けします。


 暮らしと政治をつなぐ    
 竹花いくこのたんぽぽ通信 №96  

函館ではようやく初秋の風がそよぎはじめて過ごしやすくなりました
本州方面はまだ暑い日々が続いてるようでお見舞い申し上げます。
異常気象の長い夏は、私たちの生活に大きな影響をおよぼしています。
声をお寄せください。
* 9月議会が始まりました。 * 会期9月7日~30日
10日~15日 一般質問22人
17日常任委員会  22~27日決算特別委員会
7日初日 総務常任委員会で継続審査となっていた
「函館市自治基本条例の制定について」
竹花は委員会修正案に対して反対討論をしました
条例つくりあげていく過程が特に重要である。
  市民への説明会を開催してから議決することを訴えました。
結果、修正案反対は私含め2名のみで、賛成多数により可決となりました。
 自治基本条例はまちの憲法、市民参画のもと、
       見直しも含め、さらに育て創り上げていきましょう。

      (詳細はブログ9月7日をご覧下さい)
* 竹花いくこの質問は
9月15日(水)16:20~17:20
傍聴お願いします
1.夏季の異常気象の対策について
     (1)市長の認識について
   (2)熱中症対策について
      ア 市長部局の取り組み  
      イ 教育委員会の取り組み
   (3)局地的豪雨対策について
2.高齢者が安心して暮らすための支援サービスについて
3.子宮頸がんについて
     (1)子宮頸がんの認識について
     (2)子宮頸がんの予防について
   (3)性教育の充実について
  4.自殺対策について

*「国際フォーラム・全国フェミニスト議員連盟夏合宿in函館」
              に延べ400人以上が参加!
皆様のご協力とご支援に心から感謝申し上げます。
8月7/8日2日間で、遠くは北九州市、松山市、松江市
などから延べ400人以上が参加しました。
私が函館開催を引き受けた目的は、
「あらゆる政策決定の場に女性を増やしたい」と同時に
 1.若い世代の参画
 2.函館の魅力や市民力を全国にアピール
 3.アイヌ民族への理解を深める
2回の学習会と会場付近の清掃などを重ねる中で若い世代が参加し始め、
当日の司会・講師紹介・集会宣言を学生が行い、
受付や案内など若い方々が積極的に動いてくれました。
またアイヌ文化活動アドバイザーの島崎直美さんに
分科会とパネルディスカッション両日お話しして頂くことができました。
そして、8つの分科会で多くの市民活動を紹介、
またオプションで約60人が函館野外劇を観劇、
西部地区歴史ウオーキング、
2泊目は縄文の里で遺跡見学と温泉を楽しんでいただきました。

*7月25日(日)「大間原発反対現地集会」に参加。
   あさこハウスへの細い道に鉄条網が張り巡らされていた。
   沢山の巨大クレーンが近くに見えた。
*7月28日 ついに提訴!大間原発訴訟の会が函館地方裁判所に
 「大間原発訴訟」の訴状を提出。
原告団は170名(大間まぐろと戸井まぐろも含む)  
   ご支援お願いします 訴状(縮小版600円送料込み)ご希望の方は 
       FAX:0138-51-9718へ
【お知らせ】
9月12日(日)午前9時~七町会 ふれあい運動会 弥生小学校グランド
(七町会育成部会長を数年前から務めてるので、
議会前とはいえ準備も当日も頑張らなければ。
幼児も高齢者も一緒に楽しめる競技~ハイライトは町会対抗リレー)
この日は、函館バル街、青少年センターまつりなどイベント盛りだくさん 
 元気な函館を観に来ませんか
9月23日(祝)13:30~「シロタ家の20世紀」試写会 まちづくりセンター
9月26日(日)10:00~ NPOまつり ゴミ土楽の会で参加。             
            うちエコ見に来て下さい
HOME