FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

「有料老人ホーム問題調査特別委員会」の委員決まらず

2007-10-05-Fri-11:26
第3回市議会定例会(会期9月12日~10月1日)が1日閉会しました。
1日本会議開会前に開かれた議会運営委員会での議論が長引き、
本会議は1時間40分も遅れて、ようやく開かれました。
その間、理事者は拘束されて、
傍聴者は理由も開会時間も知らされない状況で待つことになります。
幸いというか、この日は傍聴者はいませんでしたが。

遅れた理由は、「有料老人ホーム問題調査特別委員会」の委員選任。
監査委員となっている議員を推薦した会派があり、
会派の間で意見が対立した。
監査委員をつとめる議員は特別委員会委員になれない慣例がある。
議会運営委員会は休憩となり、各派代表者会議(密室)などで調整が図られ、
ようやく、本会議では特別委員会設置のみを提案し、委員選任は後日協議
という異例の形となった。

今後、委員選任にあたっては、議員の発言権が問題となる。
監査委員をつとめる議員は、一般質問はできない、特別委員会委員になれない
という慣例を、「規則」とするのか。
慣例を見直して、質問、発言は自由とするのか。
これからも、協議は長引きそうだ。
そもそも、議員が監査委員となる今の制度でよいのか?私は疑問に思う。
発言権をいうのなら、無所属議員が予算・決算特別委員会で傍聴者としてしか
発言を認められていないことを考え直して頂きたい。
無所属議員が特別委員会委員になれるという規則の自治体もある。

さらに、今回の「有料老人ホーム問題調査特別委員会」の委員選任には、
会派それぞれに別の思惑があるようで、
委員会設置はしたものの委員がいつ決まるのか予測がつかない。

議会運営委員会は傍聴できます。 開会日程は、
市のホームページをごらんになるか、議会事務局にお問い合わせ下さい。
HOME