FC2ブログ

イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

DIG(災害イメージゲーム)をやってみませんか

2007-10-11-Thu-01:27
今夜は7時から“DIGネットワーク函館”の出前講座を手伝いました。
DIGとは、災害イメージゲームの略。
今、震度6の大地震が起きたら?と想定して
何を真っ先にするか、避難場所に持ってく物は?
地域の地図を囲んで避難場所、病院、お店、危険地域、要援護者の家など
印をつけながら
「いざはふだんなり」
「共助の大切さ」を学んでいくグループワーク。
教育大にいらした佐々木貴子先生が
8年前に函館で広めるときから
楽しみながら地域力を高められるのに魅かれて
お手伝いしてました。

今夜の 参加者は入船町会の皆さん、
講師は、会の代表で救急看護士の河瀬さん
軽妙な語り口で笑わせながら、要点はピシッとおさえてる。
防災にもえている31才、
こういう若い人がいるんですよ。函館には。

「だれもかれも声かけて連れでかねばなんねえ年寄りばっかりだー」
共助の説明をすると、
皆さんあったりまえだとばかりに騒がしくなった。
みんな親戚のように、寝ている部屋まで知っている地域
町会費納入率100%
共助精神は旺盛だけれど
高齢化率30%以上、援助者はどれだけいるだろうか
さらに 海は目の前 細い一本道 避難所は坂の上 病院は遠い
地域防災計画が必要だ
様子は、下記に写真入りで紹介されてます
http://www.hif.or.jp/volut/editor/2007/10/post_113.html

皆さんの地域でもぜひDIGを試してみませんか
出前講座受け付けています
13日に始まる市民部の「地位力アップ講座」
来年度は、ぜひDIGを取り入れてほしい

DIG講座を終えて、
自分の町会役員会へと急ぐ
育成部でDIGを提案しようと考えながら。

お知らせ 7月の大雨で崖崩れのあった場所から崖添いの通りを
     土現が12月末まで調査にはいること決定しました!
     大雨になると、この細い通りは急流のようになり
     浸水、崖崩れを起こしそうなため、
     7月以降、市に何度も話し土現に見にきてもらったのです。
     

HOME