イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

『玄牝』を観て~私のからだは私のもの

2010-12-05-Sun-22:13
函館港イルミナシオン映画祭のクロージング上映、
函館山山頂のクレモナホールで
『玄牝』を観て来た。
河瀬直美監督トークを楽しみにしていたが、
急に具合が悪くなり函館に来られなかった。残念!

河瀬監督が20㎏のカメラをかついで撮ったドキュメンタリー映画。
木漏れ日の中、スクワット方式で薪割りに汗を流す妊婦たち。
吉村医院に通い、身体を動かすにつれて、
女性達は笑顔を取り戻し、自分の身体と大地を感じていく。

70年代女性運動の中で「私の身体は私のもの」と言う言葉が出てきた。
ラマーズ法などの自然なお産も関心が高くなっていった。

身体表現を通して自分を発見するワークショップを
先月、道南ジェンダー研究ネットワークで主催した。
講師は、お茶の水女子大教育学部舞踊科卒業の荒木明美さん。
まずは軽いストレッチや左右違う動きをしてみて、
おもうようには動かない体を実感する。
その後ティッシュ1枚を身体のどこかにまとわせながら、
自由に動きまわってみる。
ダンスワークショップ1
親子一緒や高齢者の集いでも楽しめそう。

次回は12月17日(金)9:00~10:00、まちづくりセンターで
体験ワークショップ(無料)にお気軽にご参加ください。
身体が軽くなって気持ちもふんわり~
HOME