イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

函館市調度課を家宅捜索~市民への説明のありかたについて

2010-12-07-Tue-01:56
3日、第4回定例会初日の朝、
入札情報漏洩容疑で市職員を逮捕と大きく報道された。
市民の皆さんは驚かれたことだろう。

議場で市長から説明があるのかと思っていたら、
議会前に市長緊急召集各派代表者会議なるものが開かれて
市長からお詫びと報告があったと聞いた。

聞いた、と書いたのは、
無所属議員二人は呼ばれず、その後会議の内容報告もなかったからだ。
議会で緊急質問すべき問題かとも考えたが、様子をみることにした。

こちらから2回要望して、議会対応する課の職員がいらした。
議会への説明が政策的判断で一部会派へという場合もあるとか、
もうすぐ記者会見開くので市民には夕方伝わるなどと話された。

今回の緊急召集は、全議員を通して市民のみなさんに伝えるべきことではなかったのか。

午後、議会対応の課、関係する課の職員3人と無所属議員二人で話し合った。
会議の報告は報道の域を出ていない、
今後無所属議員に伝える仕組みを協議する、と話された。

その日の夕方、容疑者が今朝方亡くなっているのが発見されたと報道された。
市はそのことも把握していて、朝の会議で報告していたと他から聞いた。

昨日6日の午前に担当部の次長、午後に部長と話し合い要望した。
まず市民の皆さんに市としての報告するために3日議場で行うのがよかったのではないか。
緊急な情報提供・報告の場合は無所属議員にも同じ場でするべきではないか。

警察の捜査が続いているので、
担当部は特に心身共に大変な状況なのは十分分かる。
様々な面でのサポート・連携体制はとれているのだろうか。

8日本会議一般質問前に、市長がこの事件について報告したい申し入れがあり、
議会運営委員会で承認されたと議会事務局から夕方連絡があった。
傍聴、またはケーブルテレビ中継などで、お聴きになってください。
HOME