イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

別歳会 鸛鵲樓(かんじゃくろう)に登る

2010-12-18-Sat-23:22
函館漢詩文化会の別歳会は今年で180回目、
15年続いていることになる。
今日の参加者は60人くらい、
会員には多彩な方々がいらっしゃる。
故山形守節の『逢此花』の漢詩を彫り、
桜の花びらをちりばめた作品が披露された。
別歳会
この一年で勉強した漢詩を参加者全員で朗読。
私の一番好きな漢詩は
鸛鵲樓(かんじゃくろう)に登る 王之渙
白日依山尽
黄河入海流
欲窮千里目
更上一層樓
~雄大な風景が目に浮かび、希望がわいてくる。

会員最高齢は92才の男性。
毎回自らすべての机を運び並べ、陣頭指揮をとる。
手際よく、姿勢がよい。
家では自分で料理する。妻の分も。
小魚をよく噛んで食べるのが健康の秘訣だそう。
この次に他の秘訣も沢山伺おうと思う。
HOME