イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

困った時には相談できる文化をつくろう~ 自殺対策市民ネットワーク設立

2011-02-20-Sun-20:54
昨日も駆け回った一日でした。
午前中は63回目の市政報告会。
「この地区では最後になるので。」
「続けて欲しいのに残念」と
親子で駆けつけて下さった方も。
懐かしいお顔にも会えて、ご意見も沢山いただきました。
ご参加有難うございました。

午後は自殺対策市民ネットワーク研修会。
一年前位前から考えていたことが、
大勢の方のご協力を得て、ようやく実現できました。
65人が参加し、
緩やかなネットワークを作っていくことに賛同していただきました。

初めに、ライフリンクの副代表が送ってくださった
内閣府自殺対策強化月間、
「いのち支える(自殺対策)プロジェクト」キャンペーンソング、
ワカバの『あかり』を紹介。

ワカバについて、詳しくは下記をご参照ください。
http://www.wakaba515.com/top.html

泣きたくて でも泣けなくて
いま ひとりぼっちのあなたへ
ちゃんと伝えたいんだ そばに「いたいよ
どうか どうか どうか
・・・・・・・・
暗闇の中 涙枯れてしまって
朝が信じられなくなったら
ずるしてもいいよ 逃げたっていいよ 負けてもいいよ
でも自分を投げ出さないで (一部抜粋)
・・・・・・・・・・・
全曲お聞きになりたいかたは内閣府にお問い合わせを。

森谷先生(北海道教育大学専任講師)の基調講演
自殺対策2
函館市の自殺の現状を説明、
追い込まれた末の死であること、社会的問題であることを共有し、
具体的な目標値をたてて対策を考えること、
男女の比較では男性の方が自殺者が多く、
女性は自殺未遂者の割合が多いということから支援方法を考えられるのではないか、
多様な窓口をつないで、困った時には相談できる文化をつくること、
支援者のケアも大事と強調されました。

続いて、北海道の自殺対策について渡島保健所から、
函館市の自殺対策については市保健所から説明して頂きました。
函館市では、来年度予算案に
いのちのホットライン事業費260万円をもりこんでいます。
週2回夜間電話相談事業を二つの市民団体に委託の予定。
提案していたことが実現に向かってきたので嬉しい、
ネットワークとしてどのように応援できるかを
話し合っていくつもりです。

休憩をはさんで、8人の方に相談・支援活動報告をして頂きました。
続きは明日に・・・・。
HOME