イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

田ノ浦海岸で「海盗り」が強行

2011-02-24-Thu-21:58
美しい海を守っている方からのメールを転載します。

NZクライストチャーチの地震報道を見て、
近くに原発があったとしたら~被害は計り知れない と
恐怖を感じませんでしたか

今、田ノ浦海岸に多数の作業員が投入され、海を守ろうとする人たちとの
間でもみあいになっています。現地からのブログ・映像をぜひご覧ください。

http://ameblo.jp/nijinokayaker/

不当で無意味な「海盗り」が強行されようとしています。

大勢の人たちが、作業を強行しようとする中国電力側の警備員・作業員と
対峙しています。海を守ろうとする人たちは、非暴力を貫いていますが、
とても危険な状況です。

昨日(2月20日)、長島の自然を守る会が、田ノ浦湾内で準絶滅危惧種の
クロサギの巣が発見されたという記者発表をしています。(下に、長島の
自然を守る会からのメールを貼り付けます。)今、大きな刺激を与えると、
産卵前・抱卵期で神経質になっているクロサギが巣を放棄してしまう危険
もあるそうです。

◇中国電力に、聞いてもらえるまで要求しましょう。
「不当な埋め立て工事・陸上の通行を妨害する工事を行ってはいけない。」
・この海は今も、漁業補償を受け取っていない祝島の漁業者のものです。
他人の財産を力づくで奪い取ることが許されるずがありません。
・埋め立てが竣功してもいないのに、田ノ浦の海も浜も、中国電力のもので
はありません。田ノ浦では、今後、多くの専門家も交えた調査活動も予定さ
れています。みんなが田ノ浦の海岸を自由に行き来することを中国電力が
妨害することは、不当な行為です。
・希少生物の絶滅を招きます。

2011.02.23 Wednesday 【緊急】けが人が出ました

中電の強引な工事の結果、69歳の島の女性と若い男性2名が倒れたところに
警備員にのしかかられるなどして救急車で運ばれる事態になってしまいました。
男性は今から陸上から救急車で運ばれますが、女性は緊急搬送の必要があり、
現在、予定地田ノ浦の浜から島の船で近くの港まで運んでいます。
そこから救急車で搬送される予定です。

島の女性はびわ茶など特産品の開発などを島でしていて、原発のお金に頼ら
ない島作りなどをしている人です。また若い男性のほうは愛媛県から来ており、
伊方原発ができた後の海を知っているため上関原発建設予定地周辺の美しい
海を壊すことには以前から反対されていて、この埋め立て工事の強行を知って
いても立ってもいられなくなって現地の来られた方とのことです。

現場にいた人からのメールより----------------------------------------

町道を降りて行くと、こちらにはアルソックの警備員こちらは強そうな感じの人、
二つのグループに分かれて立っていたが少しずつ寄っている様だった、外に向
いてスクラムを組んでいて中には祝島のおばちゃんたちが何人いたが出入 りが
不自由そうだった。

私たち広島ネットの5人は町道から柵を伸ばした下に祝島の人たちと一緒にいた
が、突然その警備員のグループが一つになって動き出した、中にいた祝 島の人
が倒れた。

倒れた祝島の人は祝島診療所から駆けつけた医師の要請で、海上保安庁のボート
で、船で病院に運ばれた。意識レベルが低いと言われたのが心配。
もう一人倒れた人がいたようだったが確認できなかった。

電話で話を聞くと、この警備員の集団の動きは計画的であった様子、また、けが
人がでたときの警察官や海上保安庁の対応は、とてものろく感じられた ようです。

HOME