イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

原発と共存はできない

2011-03-15-Tue-04:58
昨日は曇の天気予報だったので、本年度初自転車で家を出ました。
できるだけ車を使わないことで、不足してくるガソリン節約になるとの思いです。
帰りは夜6時過ぎ、冷え込んできて
風が強くて何度も飛ばされそうになりました。
帰宅した時は全身氷の塊のようでした。
余震が続く被災地の夜はどれほど寒く不安なことでしょう。

匿名で下記のFAXが自宅に来ました。
「突然ですが、ぜひお願いしたくFAXしました。
爆発した3号機は大間にできる原発と同じMOX燃料を使用
とテロップが出たのを見ました。
でもそれ以来そういうことは全く説明ありません。
函館も放射能をはかり発表するという予定はないのでしょうか?」

分かる範囲でお答えします。
2010年(平成22年)2月16日:福島県知事は2月定例県議会で、
東京電力が福島県に申し入れていた福島第1原発3号機での
プルサーマル計画実施について、条件付で受け入れることを表明した。
同知事は、昨年から県エネルギー政策検討会を再開して検討してきたこと、
核燃料サイクル推進という国の方針、
玄海原発でのプルサーマル発電の開始などに言及、
受け入れる考えを述べた。
9月18日: 3号機のプルサーマル発電、試運転開始。
10月26日: 3号機のプルサーマル発電、営業運転を開始

函館では放射能測定はしていません。
大間原発運転開始前には北海道と環境モニタリングについて協議の予定。
現在、放射能測定サイトは
北海道 http://www.genshi.pref.hokkaido.jp/
北海道札幌 http://soba.tonkin.ac/radio/geiger/

大間原発訴訟の会は昨夜大間原発建設中止を求める声明文を発表しました。
議会で何らかの表明や要請ができないか議員数人に相談しているところです

山口県知事が上関原発の工事中断を要請しました。
二井知事は原発の安全性全般について
「検証する必要がある。県民の不安は今回の件で高まっている」と述べたそうです。

山口県知事の要請や市民の不安な声を伝えるために
明日は市長に要望しに行こうと考えています。
               
午前は見送られた「計画?停電」により、
首都圏の通勤客に大きな影響が出ました。
計画停電しなければ、電力は足りないのでしょうか?
調べてみました。
古い資料しか見つかりませんでしたが、掲載しておきます。
原発と電力

HOME