イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

アーティストたちの被害地支援

2011-03-21-Mon-23:54
文化・芸術に関わる方たちが、
函館から被害地支援をしようと、
様々なプロジェクトを立ち上げてきています。
「3.11RESCUE」
「ウェカルパ2011」
「絵本プロジェクト」
20日にイキ!ネットが開催した公民マチネでは
多額の募金が集まり赤十字に寄付したそうです。

民間の活動を行政も応援お願いします。

フランスからも応援ソングが・・・
日本で起こった大惨事に大変胸を痛めたクレモンティーヌより、
「上を向いて歩こう」が届きました。
(抜粋)
上を向いて歩こう夜の果て、
時は長く暗く思えるけど小さな朝が希望をもたらしてくれる

乗り越えられるから あなたの星を信じて、
あなたを守ってるよそして時とともに人生が微笑むから

まっすぐ前に進む私達みんなが乗り越えられること、
私には分かってる 一緒に私を信じて


忌野清志郎作詞、幻の『サマータイム・ブルース』、
『替え歌ラブミーテンダー』の歌詞を友人が送ってくれました
キヨシローの言う通りになってしまったねと。
歌詞ご希望の方はご連絡ください。

一部ご紹介します。
『サマータイム・ブルース』では
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ なんのため?
狭い日本のサマータイム・ブルース
『替え歌ラブミーテンダー』では
放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ
何言ってんだー、税金(かね)かえせ
目を覚ましな



HOME