イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

ザ選挙~脱原発を訴えた一週間

2011-04-23-Sat-23:10
一週間の遊説応援終了。
雨風が強い日が多く、
服を7枚重ねダウンコートの上にビニールジャンパー2枚を着込み、
ホッカイロを貼りまくっても寒かった。
中日の夜10時頃頭ががんがん痛くなったが、
翌朝は回復し元気に乗り切れた。

こんな気候でも箱乗りをしている陣営は多い。
違反で危険で健康を害する「箱乗り」を強いている候補は許せない。
リーダーになる資格ゼロと思う。

その日の反応を見て夜中まで翌日のルート作り、
早朝に公選はがきやメール連絡という日々。

一日約30回の立ち演説や、車内からも政策を訴えているので、
支援者は確実にふえていると思うが・・・
東京から応援に来た方が、
「選挙カーから政策を述べるのは初めての体験。
他の候補もうるさいだけのお願いコールはやめて欲しい」と言っていた。

たまっていた受信メールを見ていたら、
20年前の意見広告を送ってくださった方がいた。
20年前の意見広告

脱原発も訴え続けた一週間。
明日は必ず投票に行きましょう。
脱原発と自然エネルギーへの転換を訴える議員が全国に大勢誕生しますように。
HOME