イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

東日本大震災から100日~絵本『みえないばくだん』

2011-06-18-Sat-22:39
メールで全国に発信されています。
「にほんごじまく」と最初に出てくるのですが、
「にほんじごく」と読んでしまったとのコメントありました。

経済産業省は今朝の記者会見で、
原発の安全対策は『適切』と評価結果を発表し、
原発立地の自治体へ再稼働を要請していくという。
これだけ犠牲者が出て被害が拡がって、多くの人が見えない不安におびえている~
それでも、まだ「安全」をうたうのか!

『みえないばくだん』
 
さく おおしばよしこ
こうせい じょうたろう

むかし、せんそうがありました。
そらにひこうきがたくさんとんできて
ばくだんをおとしたり おとされたりしました。

とかいにすんでいた こどもたちは
がっこうのおともだちと しゅうだんそかいをしました。
おとなが こどもだけでも まもらなくてはいけないとおもったからです

こどもはいなかのあんぜんなところににげました

それから なんじゅうねんかたって

えらいひとたちがべんりになるものをつくりました。
とかいにばしょがないから いなかのとちがあるところにつくりました
とかいのひとは
「たくさんでんきがつかえてべんりだな」とよろこびました
いなかのひとたちは
「しごともふえて、おかねももらえてくらしもらくになるな」とおもいました
えらいひとたちは
「みんなもよろこんでいる。もっとつくったほうがいいだろう。」といって
たくさんたくさんべんりになるものをつくりました

続きはこちらへ http://blog.canpan.info/mamasis/archive/38

HOME