イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

コットンクラブ専属の加茂紀子さんが函館でコンサート

2011-07-10-Sun-23:05
暑い暑い日曜日の午後、
岩手や宮城は36度とか、
まだ避難所で暮らしてる方々の大変さを思いながら,
被災地支援チャリティコンサートへ。
NYのコットンクラブで活躍する函館出身の加茂紀子さんをお迎えして、
函館西高の生徒有志が企画・運営した。
コンサートは3部構成で、
第1部は函館市内のジャズトリオが出演。
テナーサックスで函館西高の安房節雄校長も演奏に加わった。
第2部は加茂さんのピアノソロ。西校放送局の生徒が詩の朗読で共演する。
第3部は生徒を除く全出演者で演奏となった。
オーネット・コールマンの「ロンリーウーマン」など
魂の叫びを伝えるような迫力ある演奏だった。
加茂紀子さんコンサート
加茂さんは明治学院大を卒業後、東京でプロとして10年間活動し渡米。
現在は、伝統ある「コットンクラブ」で、
東洋人初のボーカル兼専属ピアニストとして活躍している。
年に一度の里帰りコンサートを楽しみにしているファンも多い。
実は私の下の妹が小学校、中学校時代に加茂さんと同期、
バレー部でも一緒だったので、加茂さんの想い出を聞いていた。
当時からパワフルな女の子だったとか。 

函館にはきらっと光る芸術家が少なくなく、
先週は、ピアニスト伊藤亜希子さんが被災地支援チャリティコンサート
「クラシックジャズスイート」で、
ボラン「ヴァイオリンとジャズピアノトリオのための組曲」に酔った

函館に魅せられて
チェンバロの森洋子さんやソプラノの引地佳子さんは移り住んでいる。
一昨日はばらの香る友人宅で引地さんのサロンコンサートを楽しんだ。

月末には公民館マチネ、7,8月週末は函館野外劇、
8月初旬にはこだて国際民俗芸術祭 と続く。
皆さん、夜景はもちろん文化芸術の香り高い函館へぜひいらしてください!
HOME