イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

女性が幸せな国コスタリカ

2011-07-28-Thu-23:52
軍隊を捨てた国「コスタリカ」を知ったのは、
ベアテ・シロタ・ゴードンさんを函館に招いた時だった。
懇親会の席で、人を大切にする幸せな国とベアテさんから聞いて、
直ぐにでも行ってみたいと思った。
あれから14年、これまでに何回かコスタリカ研修ツアーの話もあったけれど、
仕事のスケジュールや個人的事情で参加できなかった。

先ほど、女性が幸せを感じられることを目指している国として、
コスタリカがTVで紹介されていた。
中南米特有の男性権威主義(マチスタ)が強く残っている国であるが、
国会議員女性率38%、
2010年2月に初の女性大統領も誕生している。
女性省、並びに、INAMU国立女性研究所という国の研究機関がある。
そこからのトップダウンで全国の全市役所に「女性課」が設置されていて、
「何かあったら、女性課へ」となってるそうだ。
女性の政治参画が進んでるから、
社会的セーフティネットが整備されているといえる。
父親のいない子ども”を防ぐために、
2001年に「親権責任法」なる法律ができている。

平和と自然保護の面からも、コスタリカを訪ねたい。
スペイン語だな~と思いながら。
HOME