イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

函館市の事業仕分け

2011-09-02-Fri-09:12
函館市は,昨年に引き続き「事業仕分け」を明日から2日間実施し、
年度内に3回程度の開催を予定している。
今回の対象事業は、25件、総額約36億円となっている。
評価委員は14人で、公募枠が昨年2人から6人に増えた。
さらに公募枠に女性優先枠を設け、女性3人としたことは評価できる。
が、市直接委嘱委員8人中、女性は2人だけなので、
結果、女性は5人、約35%どまりではある。

昨年は、指定管理者として公共施設を運営している団体代表が
市直接委嘱委員となっていたことが、中立性に欠くと指摘されていた。
今年は公募委員の中に指定管理者関係者の名前が見られる。
一市民として応募の権利があると、市は言っているが、
現指定管理者は応募できないなど要綱で定めたほうがよいのではないか。

対象事業を、評価委員が選んだことも、一歩前進である。

9月3日(土)9:30~15:50、4日(日)9:00~15:30
会場は市役所本庁舎8階第1,第2会議室。(傍聴者は駐車無料)

函館市は、毎年30億円を超える財源不足を抱えている。
厳しい財政状況の中で、
超少子高齢社会を生きる市民が幸せを感じられる事業のありかたを
市民目線で仕分けして欲しい。
皆さん、傍聴して声を届けましょう。
   




HOME