イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

ノーベル平和賞に女性3人!~非暴力的な手段で女性の地向上に貢献

2011-10-07-Fri-20:42
今年のノーベル平和賞に、アフリカの3人の女性が選ばれた!
ノルウェーのオスロにある選考委員会では選考理由について、
「非暴力的な手段を通じて、女性の安全と権利の向上に尽くした」としている。
そして、「国連安全保障理事会1325号決議に
平和の構築と平和運動全体において、
女性は男性とともに参加することの必要性が強調された」と加えている。

以前にも紹介したが、この選考委員会の委員の半数は女性である。

受賞したのは、
アフリカで初めて選挙で選ばれた女性大統領となった
リベリアのエレン・ジョンソンサーリーフ大統領と、
リベリアの女性平和運動家のレイマ・ボウィさん
イエメンの女性人権活動家のタワクル・カルマンさんの3人。
レイマさんは39歳、タワクルさんは32歳!

函館市の男女共同参画推進の考え方に驚愕し、次の行動を模索しながら帰宅。
この朗報を聞いて、不屈の精神しかないとあらためて感じ、勇気づけられた。
世界恐慌かといわれる今、
未曾有の大震災復興や原発事の被害補償の先が見えない今、
行政の事業は、予算内だからと安穏とせず、
事業理念をしっかり持ち、ゴールを定めて結果を出さなければならない。

HOME