イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

25才女性大学院生が津南町議選でトップ当選!11月10日公示福島県議選福島市区 に 無所属、無党派の女性候補が挑戦!

2011-10-31-Mon-08:30
廿日市市の市長選に、井上さちこさんが自民、公明、連合の推薦を受けた現職に
果敢に二度目の挑戦をした。
全国フェミニスト議員連盟の会員なので、各地から女性議員が応援に駆けつけ、
盛り上がっていたが、122年間の男性首長の歴史を変えることはできなかった。
昨日の投票日は雨模様だったとはいえ、36%という低投票率!
無所属・市民派・草の根選挙での市長を次回は当選させたい。

一方、30日に投開票された新潟県津南町議選で、
東大大学院生の桑原悠(はるか)さん(25)がトップ当選のニュースが入った。
定数16を17人で争い、1144票を得てのトップで、
2位に500票以上の差をつけた。
人口約1万1000人で、高齢化への対応などが課題。

桑原さんは同町出身で、県立高を卒業し、早大に進学。
東大大学院に進み、公共政策を勉強。
ゼミの教員は元岩手県知事の増田寛也氏で、
増田氏に町議選への挑戦の決意を語ると、
「絶対受かってこい。落ちたら帰ってくるな」と“激励”されたという。

選挙期間中の集会で、桑原さんは財政再建や農業基盤の強化などの政策を語り、
祖父母の世代から「孫娘のようだ」と期待を寄せられたそうだ

「被曝地フクシマ」の行き詰まり状況を> 放っておけない!
子どもたちがあぶない!原発止 めたい!」 という思いのみで
1週間前に福島県議選への挑戦を決意した女性がいます。
佐々木慶子さん、2006年に「ふくしまWAWAWAー環・話・和ーの会を立ちあげ、
環境・人権・平和をテーマに活動してきた方です。

11月10日公示、11月20日投票の福島県議選福島市区に
無所属・無党派での挑戦。

立ち上がる女性たちを女性たちで応援したいものです。
HOME