イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

自死遺族の語りから学ぶ~共に生きる社会ぬ向けて  山口和浩さん講演会

2011-11-17-Thu-23:29
今日午前中、FMいるかに出演して、
明後日19日自殺対策講演会の説明をしてきました。
放送後に「私も父を自殺で亡くしました。母が一番大変だった。
親戚中からどうして気づかなかった?と責められた。」
とFAXがきたことを番組終了時に紹介していました。
「“女性は強し”というタイトルのFAXななので、
困難を乗り越えられたのですね。
人の生き死ににかんしては様々な事情があります。
私たちも遺族への言葉には注意したいですね」というように担当者は結んでいました。

午後は、警察や病院に再度宣伝に回り、会場近くの家にチラシをポスティング。

未曾有の大震災から8ヶ月以上が過ぎ、様々な喪失感を抱いている方も多いと思います。
山口さんのお話を聴いて、私達に何ができるか一緒に考えてみませんか。
周りの方にもお知らせくださるようお願いいたします。
11月19日(土)午後1時30分~3時30分
函館市総合保健センター 
参加無料

山口さん講演会チラシ

今回講演してくださる山口和浩さんは中学生の時に父親を自殺で亡くしています。
自分を責め、誰にも話せずにいましたが、
学生時代にあしなが育英会夏合宿で仲間に出会い、語れるようになりました。
以後、名前と顔を公表して自殺対策に取り組んでいます。

NHK記者だった「自殺対策総合センターライフリンク」代表の清水さんは、
山口さんたちの取材を続けて自殺対策の必要性を痛感しました。
NHKを辞めてライフリンクを立ち上げ、自殺対策の活動に取り組み、
担当省や国会に働きかけて自殺対策基本法制定につなげました。



HOME