イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

子どもたちに寄り添う~ カリヨン子どもセンター理事長坪井節子弁護士

2011-11-27-Sun-23:54
26日午後、坪井節子弁護士の講演会に参加した。
カリヨン子どもシェルターを創設した方で、以前からお話しを伺いたかった。
ふくろうの家を立ち上げるために奔走していた数年前に、
東京のカリヨンとびらの家を見学したのだが、
その時も坪井弁護士にはお会いできなくて残念に思っていた。

カリヨン
“子どもとおとなは、対等かつ全面的なパートナーである”
意識は持っていても、行動面では難しい。
いじめにあい、ひとりぼっちで追いつめられいる子どもの前で、
うなだれておろおろしている自分がいるだけ。
でもその子どもに自分が助けられた。
「子どもの話をこんなに聴いてくれる大人がいるとは思わなかった」
弁護しとして、母親として子どもたちとまっすぐに向き合ってきた姿勢が伝わる講演だった。

函館弁護士会に「子どもの権利と法教育委員会」を設立した記念講演会だった。
函館市でも子どもに関する条例策定にまもなく入るようだ。
子どもの権利条約にある子どもの権利を入れるためにも、
弁護士会の若手が立ち上がって委員会を設立したことは大きな力となり、嬉しい。

講演の後、坪井弁護士をふくろうの家にご案内した。

27日日曜日、ふくろうの家そばパーティーのお手伝いへ。
日ごろお世話になってる方々への感謝と、地域への理解を拡げるために、
大野そば会の全面的協力で、毎年行われている。
そば打ち4

ふくろうの家の子どもたちも看板を創ったり、会場づくりやお運びをお手伝い。
雨模様のせいか、例年よりお客様は少なかったけれど、
なごやかな雰囲気で、話が弾んでいた。
そばパーティー
よくぞここまで生き抜いてくれた、
と思うような過酷な環境で育った15才~20才の子どもたち。
仕事をしながら、自分の新たな人生を歩もうとしている。

函館市でも、彼らへの自立支援策の動きが出てきたので、
様々な方面から応援お願いします。
HOME