イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

2012年3月11日「世界で人間の鎖アクションを」

2012-01-16-Mon-21:11
原発大国フランスのマップ
絶景、世界遺産の近隣に原発が・・・
carte-francenuc-A41-211x300.jpg

フランスの脱原発団体「 Sotir du Nuclear」からの呼びかけが転送されてきた。

3月11日、原発をとめるために共に立ち上がろう

多額の経済資金を使って、フランスの原発推進派は、
フランス国内での脱原発の可能性をつぶすために、
必死に大々的はキャンペーンを展開している。
そして、原発事業者は、2012年の大統領選挙の時期に、
エネルギー政策が選挙の議題となることを避けるために、
活発なメディアキャンペーンを行っている。
2011年3月には、大変な福島の原発事故が起きた。
この事故に寄って、損傷した原子炉のために、
何百万人という日本の人々が、今も放射能の危険にさらされ、
日本全土が、これから何千年もの間、
放射能汚染の被害を受け続ける事態となってしまった。
この事故からちょうど1年経った2012年3月11日に、
フランス国内での原発災害の危険性に抗議して、共に立ち上がろう。
そして、「脱原発は成し遂げられる」と声高く叫ぼう。
他のヨーロッパの国々は脱原発を果たそうとしている。
私たちにもできないはずがない。
日本の人々とその次世代の原発事故の被害者に向けて、私たちの連帯を示そう。

ヨーロッパで最も多くの原発が建っているリヨンからアビニョンにかけて、
大きな人間の鎖を繋げよう

フランス国民の大多数が、脱原発を支持している。
けれども、投票用紙は、私たちの指導者たちに、
原発と化石燃料への依存から脱却し、
新たなエネルギーへの転換をうながすには十分とは言えない。
ドイツの首相が原発推進派であったにもかかわらず、
ドイツ国民は一体となり、何千人ものデモを組織して、
2022年までの脱原発を勝ち取った。
私たちもまた、私たち市民から全く隔絶し、
21世紀の環境問題に直面しながらも、
私たち国民を原発事故の危険にさらしてきた支配層のエリートたちとの間に、
新しい力関係を作り上げなくてはいけない。
私たちは、こうしたエリートたちに激怒しているが、
必要なのは、まず、私たち自身が連帯を強め、共にそして立ち上がることだ。

あなたも強い鎖の一部になれる

人間の鎖は、2011年の5月以来、毎月4週目の日曜日毎に、
ローンバレーのいろいろな地域で続けられてきた。
Montelimar, Boug Saint Andeol, Avignon, Die, Roman, Tournon, Aubagne,
Valence, Lyon, Grenoble, Saint-Etienne,....などの地域で、
毎回、何百という異なる背景を持つ人々が、一体となり、友好的で、
家族的な雰囲気の中で、変革を成し遂げることを決意して、人間の鎖に加わった。

アビニョンとリヨンを繋げる大きな人間の鎖に加わろう
2012年3月11日に

ひとりひとりが大切な力となる
わたしたちは、あなたの参加を待っている
___________________________
Human Chain Appeal by Sotir du Nuclear
HOME