イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

「認知症という言葉を使う「時代ではない」函館認知症の人を支える会総会の記念講演会で

2012-04-12-Thu-23:41
昨年設立25周年の「函館認知症の人を支える会」の総会に出席した。
私は会員歴20年、函館にUターンして最初に入会した団体である。
この間、講演会等で丼学んだこと、つどいで語られた会員の体験談が、
両親の介護をしている今。とても役にたっている。
P1090932.jpg
先駆的に函館でグループホームを設立して林崎光弘さんが記念講演をしてくださった。
20年前、グロード神父企画のフランス高齢者政策視察団でパリにいらしたお一人である。
当時の病院で介護にのあり方に疑問を抱き看護職を捨てて、各国を勉強して回られた。
「認知症と言う言葉を使う時代ではない」とまず切り出された。
車というような総称に過ぎないから、介護のしかたをあやまってしまうことにもなる。
施設を選ぶ5つのポイント一つに、
『地域に開かれた施設であるか?』とあった。
超少子高齢社会へもうスピードで向かっている日本は、
適度な距離を保ちながら助け合える地域づくりが急がれる。
HOME