イランカラプテ たんぽぽ通信 by IKUKO

函館モナムール~元無所属議員の日々の想い

函館観光ガイドブックのフランス語版

2012-04-16-Mon-23:01
4月末に開催する自死遺族のつどいスタッフ養成研修会について
打ち合わせのために市役所へ行った。
次のアポに間に合わないと困るので迷ったが、
やはり早めに尋ねたほうがよいと思い直し、観光課に寄った。

先日も書いたが、函館観光ガイドブックのフランス語版を見て、
誰に向けて発信しているのか?と疑問におもったからだ。

昨年ミシュランガイドブックに函館が紹介されたことから、
急きょフランスの関係機関を訪問することになり、
フランス語版ガイドブックを作成したという。
製作費は100万円。

フランス語に訳したという誠意だけでは、観光客誘致につながらない。
フランスのエスプリを理解して編集したほうがよい。
函館とフランスの交流の始まりも必ず紹介してほしい。
次回作成する時は、国際交流センターや国際課、
函館日仏協会フランスと交流のある市民の意見を聴いてくださいと要望してきた。

他の事業や活動においても、
誰のために何のために、と常に考えいきたいと思う。





HOME